ホーム > 事業計画一覧 > 石垣島の透明度の高いビーチ沿い、大自然に囲まれたヨガホール付きホステルの運営。現状、現地で土地の候補地をいくつか選定中。

石垣島の透明度の高いビーチ沿い、大自然に囲まれたヨガホール付きホステルの運営。現状、現地で土地の候補地をいくつか選定中。

地域活性化
掲載日:2021-01-21

通報する

希望投資金額 投資・出資 希望

1,000万円

自己PR

「創造力・自由・豊かさを感じ、自己表現する人が溢れる世界を、事業を通して実現していきます。」
簡単にここに至るまでの経緯と今後の展望をお伝えいたします。埼玉出身〜IT系の大学を卒業後にがっつりと営業職を経験したかったため、3年間都内中堅不動産デベロッパー会社の売買部門にて勤めていました。新入社員入社後すぐは、なかなか努力に結果が伴わず、芽が出ない期間が続きましたが、ある日何かを掴んだのか、結果が目に見える形で成績を残すことができました。特に営業で最初に苦労した分、何もわからない中でも0から価値を生み出すこと、お客様にしっかりと価値が伝わり、その方の人生を豊かにできることの楽しさを実感してから、今だに営業の仕事はすごく好きです。
こうして日々、多種多様な業種の方々と接する中で、「社会に向けて、自分にできることは何だかまだまだたくさんありそうだな」という直感的ですが確信的な思いを感じたため、満を期して退職。その後1年ほどは少しできた貯金と時間を使って東南アジアへバックパック旅をしたり、趣味でやっていたヨガの修行も兼ねてインドに長期周遊・滞在していました。そちらでの詳しい出来事は割愛しますが、その活動と経験の中で「これからさらに世の中のテクノロジー化やグローバル化が進むけれど、人間が動物として備えている能力や創造性・主体性を失ってはいけない。それらを養う場所を作り、世の中に普及させていくための事業をしていきたい」と感じたため独立しました。
始めは感じたことを実現するため、具体的に何をすれば伝えていけるか手探り状態でしたが、近年それが少しずつ現実的になってきています。現在、石垣島で行なっているヨガ事業はそのひとつです。
正直申し上げると、私は不器用な方ですごく人見知りもしますし、バカ正直な所もあります。これまで失敗を重ねながらうまくいったことも、本当に周りの方々の助けやサポートでやってこれたという部分はかなり大きいと実感しています。一方でうっすらとではありますが、何かしら自分が動くことで目の前の誰かや社会を変えることができる力、慎重な方ではありますが行動力と頭に浮かんだことを実現化する力は備わっているのではないかと、感じてもいます。
今まで独立してからは自己資金の範疇でできる事業のみ行っていたため、銀行や事業融資の知識も乏しく、経験不足で至らない点も多いと思います。個人で吸収できる情報と勉強に加え、投資家の皆様のお話やアドバイスをお聞きさせていただきながら諸々の決断をしていければと考えています。よろしくお願いいたします!

事業プラン

「石垣島観光・宿泊事業」×「ヨガ事業」のコラボレーション事業です。石垣島の中心地・空港からそれぞれ車で20分、天然ビーチ徒歩30秒の場所で、ヨガホール付きのホステルを建築し、宿泊地の運営、また同場所でビーチヨガ、室内ヨガ等のヨガクラスを提供します。(今風にリトリート施設とも言えます)現在検討している土地の隣には、キャンプ場も併設されています。
まず、ヨガ業界の視点からおおよその規模感や展望、なぜこの土地で検討しているかの理由をお伝えします。
ヨガというと日本ではエクササイズ的な要素を強く感じる方も多いですが、それは古くから存在するダイエット需要とヨガの効能がマッチングしたからと考えられます。サウナで汗をかくとなんだか痩せるような気がするのと似ているホットヨガ事業、ヨガウェアやモデルによるファッション事業など様々ですが、実際ヨガ人口はこの15年ほどで潜在需要も含めると50倍以上増加、売上の市場規模も現在2600億円以上と年々増加してます。こうして業界全体を見ていると、まだまだヨガ業界市場は成長していくとは思いますが、正直な所スタジオ数やヨガに関連するフィットネスの種類も頭打ちになってきています。年々ヨガインストラクターの数も資格スクールも増加してきており、そこだけ切り抜くと今後さらに競争は激化し、すでに価格競争になりつつあります。
こうした背景を踏まえ、私自身も東京近郊でフリーヨガインストラクターとして活動していた時期を過ごしたのち、フラリと日々を穏やかに平和に過ごすのにピッタリな好きな海や自然が近くにある石垣島でヨガを教え始めてみると、住む方も含め観光で遊びに来た方が「この環境でヨガをやりたい!」という需要が思ったより多いことに驚きました。それはやはり、先ほどのヨガという業界自体の需要増加や認知度が成熟してきているという土台があるからだと考えられます。
今はあえてヨガを教えるための場所を自身で持っていません。ゲストハウスに宿泊されている方や、スモールホテルにお声かけをして、共同でプライベートビーチでヨガクラスを開催したりしています。全国、そして石垣島内で見ても宿泊施設とヨガができる場所(ヨガホール ・天然ビーチ)が併設されている所は、まだまだすごく少ないです。
また、ヨガを生業とする方々からすると「ヨガに関連する事業」を立ち上げることのハードルは低いのですが、「宿泊地とヨガをする場所が併設されている施設を持つ」ことのハードルは資金面やリスク面を踏まえると高くなるため、手を出す人は多くありません。ですが、実際にこのような観光地やリトリート地に訪れる人たちからすると、自分が寝泊まりする場所とリフレッシュできる環境でヨガをする場所がバラバラより、併設されている場所とサービスの需要は高いと見えます。現に石垣島内にある大手老舗ホテルのほとんどが外部からヨガの先生にクラスを委託し、実際にホテル敷地内のビーチヨガ等が定期的に開催され、参加者は安定的に集まっているからです。
ヨガというサービスや事業をソフトウェアなものとすると、ハードウェアな部分で必要なものは「環境」「場所」です。ソフトな部分のサービスは、ヨガ講師の人気や技術、会社のブランド等の違いがあれど、例えばオンライン上や全国のスタジオどこでも受けられます。今回の石垣島でいうと、その「場所」とは自分の体が石垣島に到着し、活動拠点となる(生活)する場所・・すなわち「宿泊施設」「綺麗なビーチ」です。少し目線を変え、「観光・宿泊業界」視点で考えても、今後の消費者はただ寝泊まりできるホテルや民宿と中途半端な価格だけでは選ばれにくくなってきています。会社名は伏せまずが、実際に現在成長を遂げブランド化しているホテルの業態を見ていると、このコロナ渦の中でも予約が入り続け、「ここに泊まりたい!」と選ばれている理由の中には従来の様なただ箱を用意するだけではなく、それ以上に空間や精神面の豊かさを感じられるような付加価値が必ず加えられています。近年シェアハウスが増えてきていたり、銀行の通帳がアプリで管理できるようになっているように、今までバラバラだと思われていた分野や業界の境界線がテクノロジーの進化でなくなりつつありますし、消費者もそれを求めていると感じています。
今回の事業をきっかけに、日本国内での社会問題を解決するための地球環境保全や予防医学の普及等にも影響を与えていける窓口となればと考えてもいます。また不動産という面で見ても、リモートワークが増えていくこれから、ずっとその地で賃貸契約を交わして住まいを選ぶより、より合理的に、身軽に住む場所を自由に移しながら暮らすノマドワーカーも国内外問わず増えていくと考えられます。石垣島は日本人にも人気ですが、近年は海外からの注目度が非常に上がっており、長期滞在者向けの滞在先としての需要も見込めると考えています。
これ以上詳細を書くと長くなってしまいますので、現在候補地としているビーチの場所や、さらなる詳細はぜひお話しの機会をいただいた際にお伝えできればと思います。ご興味を感じていただけた際にはぜひメッセージいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

投資費用の内訳

※土地費用
・建築費用
・事業運転資金
・設備(内装・車両等備品)
・広告費用

収益予想

おおよそ3000〜9000万円/年(売上)
※現在、土地の候補地はあるのですが、上物の建築構想やその他経費の算出まで至っておらず、可能の部屋数などがシミュレーション計算を出せていません。部屋数は15〜30部屋ほどになるかと思います。
初期費用がかかりますが、運営自体は比較的堅実な事業となると思われます。詳細わかり次第、随時更新していきます。

投資家への還元方法

法人化をしておらず、現在は個人事業主です。そのため還元方法についてはお話し合いさせていだだきたく思います。

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:mikamisawaさん

メッセージ: 4名の打診を受けてます。

性別:女性

年代:27才

本人確認:運転免許証

事業形態:個人事業主

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る