ホーム > 事業計画一覧 > 車椅子目線から見た使える商品開発

車椅子目線から見た使える商品開発

スタートアップ
掲載日:2021-02-17

通報する

希望投資金額 投資・出資 希望

600万円

自己PR

はじめまして。
大分県にて福祉用具や自動車用品の開発・製造を行っておりますDWCMの釘宮です。

世の中には便利な製品が多くありますが、障害者・介護対象者・健常者の壁がまだまだ多くあります。
その壁を壊す思いでDWCMと言う企業名をつけております。
D(disability:障害や) W(Wall:壁を)C(Cancel:取り除く) M(Manufacturing:モノづくり)
何処に置いてても違和感の無いデザインと、使用者の立場や使用感を追求したモノづくりで、お客様の笑顔を創造したいと考えております。

事業自体は2019年より行っておりますが、現段階まででの製品開発や、マスメディアへの広報に時間を割かれておりました。
良い製品は出来ましたが、売る(拡販)がこれからになります。

今後、国内外へ私のアイデアを羽ばたかせたいと考えておりますので、何卒皆様のお力添えをお願い申し上げます。

事業プラン

車椅子目線から見た商品開発・製造・販売を行います。

【自社HP・ECサイトによる拡販】
自社HP内にて販売を行います
今後アマゾンやヤフーショッピングにてサイト展開を行いたいと考えております。

【SNSへの投稿とアクセス数の強化】
SNSへの投稿と広告を行う事で、ホームページへの1日平均200~500アクセスをしていただける体制造りを行います。

【車椅子使用者や事業所でのリサーチ】
実際に車椅子を使用しているユーザー様や、福祉関連事業所での試供品を利用したリサーチ活動を行い、製品のバージョンアップ(確度向上)を行い、ユーザーに求められる製品を適時リリースを行う。

※予定:【年間数度に分けて行われるイベントへの参加】
年間4~5回開催されている福祉機器展への参加を行う事で、周知を行いブランド力の強化を行う。

※予定:将来的に国内販売のみではなく、海外での販売も視野に入れております。

投資費用の内訳

初年度
・新製品開発や維持費(雑費込)・・・300万
・イベント等参加や広告費・・・200万
・各地へのイベント参加渡航等・・・100万

収益予想

初年度
・製品売上・・・35~100万/月を目標
次年度
・製品売上・・・350万/月を目標

初年度はイベント参加までの期間が、SNS媒体等での販路拡大と障害者・福祉施設・自動車販売店への拡販に集中しますので、初年度の月間売上目標達成までは3~6か月を見ております。

投資家への還元方法

決算時点での収益の5%を目標としておりますが、相談をお願いします。

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:DWCMさん

メッセージ: 3名の打診を受けてます。

性別:男性

年代:47才

本人確認:運転免許証

事業形態:個人事業主

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る