ホーム > 事業計画一覧 > SDGsへの参加機会が日常にあることで世界を救う社会構造を創る

SDGsへの参加機会が日常にあることで世界を救う社会構造を創る

社会貢献
掲載日:2021-04-16

通報する

希望投資金額 投資・出資 希望

500万円

自己PR

2020年に本業を持つ社会人の仲間を集めて一般社団法人Pay for Worldを立ち上げました。今現在、仲間全員が何一つ不自由のない人生を歩んでいる社会人です。ある程度の年齢になり、社会での生き方も理解し、自分と家族を養う程度なら実際困っていません。でもこれで、この人生でいいのだろうか?これで死にゆく人生で自分は満足しているのか?
誰もが漠然と想う事じゃないでしょうか?世界には悲惨な国や人々がいるのに私たちは何も手を差し伸べずに死んでいくのか?残りの人生をできる限り、世界と社会をよりよくする事に捧げてもいいんじゃないか?そう思った仲間と活動しています。
代表理事の私自身も過去にはバックパッカーでアジア・中東を横断し、平和な時代と今の時代の現実に心を痛めていました。この活動を通して少しでも社会が変わっていけば、少しでもより良い社会を築けると信じています。
支援して頂きたい金額も企業への活動費です。大きな企業と協賛していただくことで社会的インパクトを誘発することが出来ます。それによって、協賛していただいた企業がSDGsへの取り組みをしている企業として、ビジネスチャンスの機会に繋がればWinWinの関係になります。詳しくはアイデアをご覧ください。
投資・出資・融資問わずご支援して頂ける方・企業様、是非よろしくお願いいたします。

事業プラン

もし、日本で年間飲まれている缶ビールの全てに1円の寄付が入っていたら年間どのくらいの寄付が生まれると思いますか?もし、コンビニで売られているコーヒーが割引の代わりに寄付を入れたら購買行動はどの様な形になっていくと思いますか?
例えば、缶ビール国民一人当たりの年間消費約115缶×1円×人口=約138億円の寄付が毎年産まれます。コーヒーなら年間11憶杯の売り上げがある会社もあります。そしてSDGsが叫ばれている今、世界への寄付金が入る商品を販売することはSDGsへの参加であり、ESGともいえると思います。
そして、消費者の立場から考えても1~10円の値上がりが購買拒否に影響するとは考えにくく、むしろ良い事に漠然と参加している気持ちから自然とその商品に手が伸びるのではないでしょうか?私自身も小売りの業界に身を置いておりまして、消費者の購買行動がSDGsと深層心理で無関係では無いことを数値で実感しております。
この様な企業様と弊団体との協働を多く創り上げる事で社会の中に自然な形での寄付の輪が産まれていきます。まず日本の社会を変えたいです!
そして、私たちは世界の難民・孤児・飢餓などの不条理を一過性ではない持続可能な直接支援を行うことが可能になり、企業様はSDGs・ESGを行う会社として認知され、寄付分の売り上げ増加(一部は経費として計算できます)と企業イメージの上昇に繋がります。
実際、企業が寄付をするなら認定NPO法人の方が経費として落とせる金額は大きいです。
しかしながらNPO法人だと活動の範囲が狭く、寄付してくださいの姿勢を取らざるを得ません。私たちが一般社団法人を選んだのもビジネスとして企業様と仕事ができるからです。
また、大手NPOとの支援がインパクトが強いとお考えかもしれません。そしてそれを否定もしません。ただ、大手への寄付の50%近くは団体自体の経費へと流れていき、更に現地団体への委託金となり更に・・といった状況なのが実情です。
私たちは、自力で活動している現地団体を探しコンタクトを取って支援しています。寄付から抜かれる経費も必要最小限の金額で、ほとんどが直線支援となっていきます。
今の時点で、おおよその私たちが創りたい未来像が見えてきていると思います。
団体のVisionは「私たちの楽しみを世界を救う事に繋げる」です。
毎日の食事・サービス・旅行・買い物などできる限りの多くの「楽しみ」の中に世界を救う寄付が入っている社会を創り出します。
皆様の、投資・寄付・株をお持ちの企業紹介など是非よろしくお願いいたします。

投資費用の内訳

全ての投資金額を企業様との協働の為の活動費に使用します。
・営業外注費
・広告費
・その他企業様との協働の為の必要経費
これのみです。

収益予想

社会貢献事業なので弊団体と企業様との協働の結果、企業様の株価や企業イメージのアップ、SDGs参加事業の認知等に伴う業績の上昇などが収益に当たるかと思います。
商品・サービスの一部で協働して頂くことで、実際に収益等に影響があるのかを推し量って頂くこともできます。

投資家への還元方法

社会貢献なので還元と言える物は金銭ではありません。社会を変える、世界の不条理を変えるSDGsという大義への参加をしている事がもしかしたら還元にあたるのかもしれません。SDGsを本当に稼働させるなら、ボランティア活動ではなくビジネスだと思っています。
参加企業の株価が上がることも還元の一部に値するかと思います。

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:PayforWorldさん

メッセージ: 1名の打診を受けてます。

性別:男性

年代:44才

本人確認:履歴事項全部証明書

事業形態:法人

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る