ホーム > 事業計画一覧 > 事業再構築を利用した社会福祉ビジネス

事業再構築を利用した社会福祉ビジネス

社会貢献
掲載日:2021-04-21

通報する

希望投資金額 投資・出資 希望

2,000万円

自己PR

私、3社の法人(合同会社)の代表を務めています。
ラーメン店(法人)3店舗
貿易会社2社(水産物、水産加工物)
計3社です。


新型コロナウイルス感染による影響により海外からの輸入がストップ、航空便の減少などで苦しい状況が続いていますが、それ以前は貿易会社の2社は年商1億以上はキープしていました。
最近は徐々に輸入も増えてきていますが新事業、事業の追加を考えています。

1社は事業再構築による就労支援A型の新規事業
→障がい者さんに対して将来就職できるようにバックアップする事を目的とする。
輸入する水産物などを店頭販売し販売のノウハウ、ネット販売ノウハウ、直売するところでの飲食スペースでの接客サービス等

ネット販売は水産会社の協力のもと産地直送なので在庫を抱えるリスクはないので無在庫販売になります。無在庫販売なのでネット販売による利益はかなり見込めます。またネット社会の拡大により雇用が増えると思うので障がい者をしっかりとした教育スケジュールを組んで将来
就職を必ずできるように努める。

※年商4000万円目標
→業をしっかりやる事で売上からお給料などをしっかり払える体制を作る。

※障がい者との雇用契約
(10名)から

※障がい者、指導員のお給料は業の売上からお支払いするので国への請求の助成金、報酬は全て粗利として計上

もう1社は障がい者によるラーメン店の出店です。完全なマニュアルもあり誰でも作れる美味しいラーメンです。もちろん指導員を常に配置します。もう1社のラーメン店法人のノウハウを使っての新規出店です。
※最低年商4000-5000万目標
※障がい者との雇用(10名)
※障がい者、指導員のお給料は国からの報酬で支払い可能


ラーメン店法人は去年の6月に創業しています。コロナ渦ではありますがラーメン店はしっかりとした売上、客人数、回転数をキープしています。スープの素、麺などは仕入れ先の確保や原価率の固定化、マニュアル化していますのでアルバイトでも作れる美味しいラーメンです。緊急事態が解除されれば更なる売上が見込めます。

助成金も出る事業再構築にチャレンジしたいのですが、現在持ち出しによる設備投資などが不足していますので今回に至ります。

事業プラン

中小企業診断士のバックアップによる事業再構築を活用しての新規事業なので初期投資の3分の2は回収する事を目標としています。弊社のキャリア、取り組みを全面に押し出した事業なので新規事業というより事業の拡大として考えています。一旦持ち出しになる金額が不足していますのでご協力お願い致します。事業再構築が認定されるとほぼ回収です。されなかったとしても事業内容がしっかりとしていますので回収は可能です。

投資費用の内訳

設備投資

施設として使える物件契約、保証金等
→200万まで

内装工事→500万円まで

電気工事→100万円まで

備品関係→250万円まで

看板等→150万円まで

行政書士→100万円

国からの報酬が出るまでの6ヶ月間の指導員、職員、雇用契約者へのお給料キャッシュフロー→700万円



収益予想

年間粗利で800万円目標
※1事業所
将来的にグループホームも立ち上げ予定
※その場合、グループホーム1事業所から年間600万円の粗利を設定

投資家への還元方法

話し合いにより決めて頂けたら幸いです。

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:KGLOBALさん

メッセージ: 4名の打診を受けてます。

性別:男性

年代:38才

本人確認:パスポート

事業形態:法人

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る