ホーム > 事業計画一覧 > アフターコロナまでも視野に入れた薬膳食堂

アフターコロナまでも視野に入れた薬膳食堂

フード
掲載日:2020-08-05

希望投資金額 投資・出資 希望

2,000万円

自己PR

私の経歴を大まかに話します。
大学は留学生が半分を占める大学へ進学し、その際伝統農業について学ぶ機会や他国の食文化に触れる機会が多大にありました。その中でも韓国人や中国人、台湾人の友人が当たり前のように取り入れていた薬膳という考えに当時は驚き食に対する知識欲がわきました。このように薬膳に強く興味をもったのは、大学在学中、母が重いアレルギーを起こしたことがきっかけでもあったと思います。その後、血圧も安定することが少なく、それでも自然に治していきたいという母の希望をどのような形で実現できるかと考えていました。そんな中で出会った多国籍の友人の知識基づき、卒業後は薬膳アドバイザーの資格勉強や就職先で得た収入を糧に韓国へ度々渡航し、韓国の漢方書やレシピ本を買い歩き、市場で売られている様々な乾物を物色し、帰国後はレシピに則った薬膳料理や薬膳茶を作りだしました。そしてその結果母の体調が安定することが多くなり、食の持つ力の大きさを知りました。また、私自身は幼いころから病気もなく、アレルギーもなくどちらかといえば雑草のような生命力で生まれてきたと自負していましたが、それは母が働きながら時間のない中で私の体調を考えバランスの良い食事を図書館で学び、成長過程の私に毎日食事を作ってくれていたからだということに気づきました。そのためにファーストフードデビューや炭酸飲料デビューはかなりおくれましたが、結局のところそれらを食べても満腹にはなれど、満足はしない不思議にも遭遇しました。
そのような人生の中での気づきが気づきだけで終わることなく、この気づきを人へつなぎたいと考えています。
投資家の皆さんも母の味はやっぱりいつ食べてもファーストフードよりも満足して笑顔になりませんか??
そんな力のある本能をくすぐるからだ思いの薬膳食堂に賛同してくださる方がいると考え投稿しました。
面談等がもし、ありましたらその中で私を表現できたらと考えます。それこそが一番正直で素直な表現になるとおもうからです。ですので、以上で自己PRは終わります。
どうか、ご賛同のほどよろしくお願いいたします。

事業プラン

本事業プランは投資家以外は非公開となっています。

投資費用の内訳

明細化された事業計画書にて提示します。

収益予想

詳細な事業計画書にて提示します。

投資家への還元方法

純利益7%等(応相談)。

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:tsubakiさん

メッセージ: 7名の方より打診を受けています。

性別:女性

年代:27才

本人確認:運転免許証

事業形態:創業前

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る