ホーム > 事業計画一覧 > もしpixivが動画サイトを開設したら

もしpixivが動画サイトを開設したら

スタートアップ
掲載日:2020-08-27

希望投資金額 投資・出資 希望

500万円

自己PR

私は以前よりYouTube一強体制への危うさを感じていました
基本的に動画配信となるとここを使うのが適切と言えます
しかし国内にそれと競合するサイトがなければ、仮にそのサイトに不満があっても
こちらの意見は中々通らないと考えます。この現状はとてもよろしくない状況だと判断しました

事業プラン

動画サイトと言えばどんなものを思い浮かべるでしょうか?
よく見かけるのは定額制動画配信サイトですが
今回はYouTubeのような動画共有サイトの方です

日本国内にも動画サイトはいくつかあります。しかしその中で
多くのシェアを占めるものがありません。
通常ならば業界1位 2位でほぼ占められるはずです。ところが現状バラけています
つまり国産の大手動画サイトがどこにも無いわけです

かつてはニコニコ動画などがありましたが
最近ではYouTubeの方がもっぱら人気のようです(そのサイトは2006年開設、2007年に本格運用開始としても
2020年時点で実に13年に及ぶ空白期間が存在します)

そこでそのような新しいサイトが必要と考えました。当然ただの二番煎じとせず、然るべき層に向けたサイトとします

主にYouTuberのような実写動画に大半のリソースを割くのでなく
自分でキャラを描くなどの作家向けです

描くとわかりますが、そのような動画は実写よりも遥かに労力が必要です
なので一般のYouTuberのような収益ベースで
つまり、連日投稿で再生数と広告収入を増やすことはできません。外部の支援サイトが必須になります
(バーチャルライバーのようなライブ配信形態とも異なると、投げ銭効果もさほど期待できません)

なのでこういう手描き(Live2D)作家また2D 3DCGクリエイター向けに重きを置くシステムが必要です
例として絵師 イラストレーターならばpixivがあり、よほどのことでなければそこで用が済みます

勿論実写を否定する意図はなく、主にそのような層へ向けてのことです
その上で解説・制作(製作)動画(VTR)など手間暇のかかったもの、レーティングの問題、その他何らかの事情によりYouTube 他動画サイトでは難しい方々も受け入れ歓迎です

以上を端的にまとめるとさしずめ

pixiv動画 『もしpixivが動画サイトを開設したら』です。

投資費用の内訳

サーバーの維持・管理、また拡張費用
サーバーを扱える人材の採用
サイトの調整・メンテナンス等のできる人材の採用
回線・及び通信費
その他、月の支払いなど

収益予想

3か月以内に軌道に乗せれば
毎月300万円程度の収益が想定します

投資家への還元方法

毎月の配当金です
広告等を掲載することもできます(関連商品の表示など)

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:fybyfth88bさん

性別:男性

年代:26才

本人確認:運転免許証

事業形態:法人

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る