ホーム > 事業計画一覧 > 【市場規模9兆円】依存症患者が社会で活躍するための転職エージェントサイト開設するために資金調達をしています。

【市場規模9兆円】依存症患者が社会で活躍するための転職エージェントサイト開設するために資金調達をしています。

スタートアップ
掲載日:2020-08-29

希望投資金額 投資・出資 希望

700万円

自己PR

◆私の経歴:
高校卒業後、パチンコパチスロにはまり、以降18年間ギャンブル依存症でありながら、それを否認し結果的に、多重債務を抱え離婚、2018年にギャンブル依存症の症状がエスカレートし、会社のお金を横領し懲戒解雇となる。転職後もギャンブル依存症の症状は治まることなく、借金を返済する能力がなくなり、治療回復を行うことを決意。
 2020年2月にはギャンブラーズアノニマス(自助グループ)と繋がり、同年3月に依存症患者を専門に扱う、森口精神病院に入院。
 1ヵ月半の入院を経て、2020年8月現在までギャンブルスリップはありません。現在は再発防止を兼ねて毎週土曜日にギャンブル依存症の自助グループに必ず参加しています。

◆私の職歴
高校卒業後、アルバイト先であった地場の外食産業へ就職しました。
23歳の時、ストアマネージャーへ昇格以降は2度の転職がありつつも、転職先でもストアマネージャーとして勤務してきました。
 強みはマネジメントです。人材を育成するこだわりは3つあります。
・労働生産性の向上
・お客様満足度の獲得
・対象のキャリア資産
です。マネジメントする時には必ず、対象の弱点を克服する事よりも強みを伸ばす事に注力していました。対象の役割を明確にしてあげることで、目的、目標ではなく使命感を持たせ、店舗を組織化し結果を出すスタイルで取り組んでいました。

◆起業の動機:
依存症という病気は、精神疾患であり、自分の意志とは関係なく依存物で快楽を求めてしまう病気ですが、日本では依存症の理解が認知されていないのが現実です。場合によっては本人の意思の弱さの問題と思われます。
 万が一、依存症によって、一度社会から切り離されてしまう事態に陥ってしまうと、培ったキャリアを台無しにしてしまう他にも、キャリアを活かす機会さえなくしてしまい、働く事に意欲を感じる事ができなくなります。
 依存物に囚われさえしなければ、キャリアを積んでいる優秀な人材が多く、社会で十分に活躍できる力を兼ね備えています。そんな人材キャリアを、依存症という理解されていない病気で台無しになるのは、あまりにも勿体ないと思い起業の動機に至りました。
 この事業とビジネスモデルは真似できません。私にしかできません。
どうかご検討をよろしくおねがい致します。

事業プラン

◆事業内容:
依存症によって、仕事を失った方、転職活動に支障がある方、または何らかのハンディキャップがある方の転職支援です。タイトルにも記載したように人材サービス産業の市場規模は9兆円と介護サービスや電子部品・デバイスの市場規模よりも大きく成長しております。企業の人材活用ニーズと就業者の就業ニーズの充足に関わる機能を有している点であり、その関与の程度は、事業形態によって異なる点に着目しました。
 各都道府県には必ずリワーク施設(うつや精神疾患によって休職、失職を余儀なくされた方々のリハビリ施設)が存在します。
リワーク施設では利用者の再就職がゴールですが、リワークの実質的役割は職場復帰の為のプログラムが占めています。就職案内のほとんどがハローワーク求人で、キャリアを活かした本来の実力が発揮されるような求人ではありません。 そこで、我々エージェントが支援する事により今までのキャリアを活かしたリワーク利用者も即戦力を確保した企業側もwinwinの関係を築けると構想しています。
 裏付けとして毎年リクルートが中途採用実態調査を行っており、様々な視点で統計を出しております。
・中途採用実績
・採用年齢層
・経験者・未経験者採用実績人数
・上半期・下半期中途採用活動実施割合
・中途採用における人員確保状況

私が着目したのが
・ 経験者・未経験者採用実績人数です。例年に比べ経験者の採用が減少し、未経験者の採用が増加したことを発表しています。つまり、企業側は質より量を取らざるを得ない状況という背景が伺えます。

次に中途採用における人員確保状況です。
必要な人員を確保できた企業が56.4%
確保できなかった企業が42.7%と採用活動が思い通りにいかない企業が約半数を占めています。例年に比べ人員を確保できた企業が増加したそうです。

これらのデータより
・質より量の採用
・未経験者の採用により人手不足の解消
が伺えますが、裏を返せば
・キャリアを積んだ人材に出会えなかった
・キャリア人材に出会えないから、未経験者を採用せざるを得ないとも伺えます。

 つまり、依存症やハンディキャップがある方だけを対象として活動したとしても十分に需要があることが予測できます。

◆キャッシュフロー:
求職者が転職に成功した場合に入社した企業から、転職サイトに成功報酬として支払われる。

◆売上目標:
1年目
年商 2000万円
月商  150万円
月平均5~6人成約で予測しています。

2年目
年商 3000万円
月商  250万円
月平均8~10人成約で予測しています。

3年目 
年商 5000万円
月商  450万円
月平均15~20人成約で予測しています。

5年目
年商 1億円
月商  850万円
月平均30~35人成約で予測しています。


◆商圏:
最初はミニマムスタートですが、スタートアップから商圏は日本国内で考えています。

◆ターゲット:
(求職者)回復経過中の依存症患者 (企業様)中小企業、ベンチャー企業

◆理念:
「We are not obsessed with addiction」
私たちは
働くことに生きる素晴らしさを
感じる事ができると知っています。

何かに囚われた人生なんて
まっぴら。

自分を活かせるステージを
探し続けます。

◆ビジネスモデル:
依存症患者と企業をつなぐ転職支援

◆戦略:
在宅ワークで業務フローを全て完結できるシステム

◆戦術:
エージェントを抱えた競合大手転職サイトでは、就職が確定した時点で契約が成立し、成功報酬として求職者の推定年収の20%~30%が転職サイトに支払われます。
 私のビジネスでは、求職者がハンディキャップを抱えているのを加味して成功報酬は推定年収の10%を頂きます。例えば推定年収300万円の方を採用したとして、
大手転職サイトでは成功報酬として20%~30% 約60万~90万です。
私のビジネスでは成功報酬として10% 約30万ですので、大手に比べ格安で利用できるのは企業様にとって利点です。
 多くの企業が人材採用費を少しでも抑えたいところを責めた戦術です。

◆ライバルとの差別化:
①エージェントが回復経過中の依存症患者である事です。
転職は、その人の人生に直結する大きな出来事です。しかも、依存症患者は自身のハンディキャップにコンプレックスを抱いています。人生を賭けた相談者が回復経過中の依存症患者である事は、不安を取り除く要素になります。
 最初は私一人で運営しますが、もし、需要が増えるようでしたら、私と同じように回復経過中の依存症患者をパートナーとして採用する事も検討しています。
 同じ病気の方がパートナーになるという事は、理念の共有がしやすく、求職者の方への支援姿勢も期待できます。

②求職者情報の透明性が高い事です。
依存症によって仕事を失った方が転職する場合、転職先に自身が依存症である事、依存症によって問題を起こした経験がある事を隠したまま就職する方が多いです。エージェントを経由したとしても同様で依存症を隠した方が多いです。その結果、最悪の場合、依存症が再発、悪化し会社に損害をもたらす可能性もございます。しかし、時すでに遅しで、「実は依存症患者でした」とその時初めて求職者が依存症患者だったと知ります。多額の採用コストが水の泡となります。
 一方で、当事業では依存症患者を求職者に迎え、一見、採用リスクが高いように見えますが、紹介させていただく求職者は、依存症を治療回復した者だけと限り、就職後もアフターフォローをさせて頂き、採用コストを利用しやすい価格に設定させて頂いております。


◆リスクマネジメント:
①求職者の依存症の回復レベル
求職中に依存物に頼ってしまっている方は、企業様へご案内することはありません。まずは、依存症を回復する手段を提案する事からはじめます。そういった点でもエージェントが回復経過中のエージェントである事は強みです。

②就職が確定し勤務後に依存症が再発し、求職者が会社に危害を加えた場合。
企業様には一定期間、基本的にトライアル採用として起用して頂き、トライアル期間中での依存症再発に関しては、企業様社内規定に沿った処分をして頂き解雇の場合は全額保障させて頂きます。

投資費用の内訳

300万円・・・ホームページ作成費用(初期投資) 
 9万円・・・ホームページ維持費(3ヵ月分)

50万円・・・個人情報管理システム費用(初期投資) 
24万円・・・システム維持費(3ヵ月分)

40万円・・・通信・広告費(初期投資)

150万円・・・職業紹介事業 許可基準費用

収益予想

◆予想利益
1年目
年商 2000万円
月商  150万円
月利益 50万円
月平均5~6人成約で予測しています。

2年目
年商 3000万円
月商  250万円
月利益 100万円
月平均8~10人成約で予測しています。

3年目 
年商 5000万円
月商  450万円
月利益 200万円
月平均15~20人成約で予測しています。

5年目
年商 1億円
月商  850万円
月利益 400万円
月平均30~35人成約で予測しています。


◆運営経費の内訳
・固定費
役員報酬・・・40万円
給料手当・・・30万円(売上毎200万円を超えたら1人採用検討)
減価償却・・・ 2万円


・販管費および一般管理費
広告宣伝費・・・10万円
通信費・・・・・10万円
消耗品費・・・・1万円
保険料・・・・・1万円
旅費交通費・・・1万円

※在宅ワークのため、地代、水光熱、駐車場などの私生活に関わる事は経費は含まれていません。

投資家への還元方法

EXITに関しまして、誠に恐縮ではございますが、勉強不足です。
私の希望としましては、株の保有率は私が90%、投資家様が10%、株の保有とは別に売上の3%を分配です。

正直に申し上げると、こういった還元方法や経営方法も含めて全くの素人でございます。知恵をご教授頂きたいと考えております。

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:level37さん

メッセージ: 8名の方より打診を受けています。

性別:男性

年代:37才

本人確認:運転免許証

事業形態:創業前

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る