ホーム > 事業計画一覧 > デビュー30周年記念29年振りサードアルバム制作

デビュー30周年記念29年振りサードアルバム制作

音楽
掲載日:2019-02-06

希望投資金額

300万円

自己PR

「プロフィール」
1982年コーラスをメインとした平均年齢18歳の8人組ロックバンド(MOZANBEEK)を結成。
高校生ながら国立音大の学園祭に招かれるなどLIVE活動を勢力的に始める。
同年NHKヤングミュージックフェスティバルに出場し銀賞を獲得。そのときゲストの佐野元春氏より個人的に楽屋へ呼ばれ高い評価を得る。翌年、自らのバンドHOO-CHII-KOOを結成しデモテープ制作、LIVE活動で再始動。前年に出場したNHKヤングミュージックフェスティバルにおいて審査員特別賞を受賞。審査員の林 立夫氏、ゲストのカシオペアにサウンド性や歌を高く評価される。
その後、新たにバンドを結成し、新宿ルイードではデビュー前の徳永英明とのジョイントライブを超満員で終えるほか渋谷ライブイン、Egg-manでのLIVE活動を精力的に行う。
1986年レコード会社、プロダクションに送ったデモテープが高く評価され、数社のプロダクションからアーティスト、作家としての誘いを受ける。
1989年5月21日、満を持してBMGビクターよりアルバム『HAVE A GOOD-TIME』でデビュー。同アルバム10曲中、7曲がCMタイアップ曲となる。(雪印、マスターカード、NTT,ヤマハモータースポーツ他)翌年にはハワイレコーディンによるセカンドアルバム『STEP on the "cherry" Wave』をリリース。
ハワイをテーマにハワイで絶大なる人気を誇るサーフミュージックの帝王カラパナが参加。同アルバムからも5曲のCMタイアップが決まり、当時TBSアナウンサーの故・松宮一彦氏の当時人気のラジオ番組「サーフ&スノー」のオンエアー常連となる。
ドラマ主題歌やリゾート系スポーツ番組、ねるとん紅鯨団などに起用されるなど、FMフジの番組スタッフ陣に高評価を得ることがきっかけとなり、FM富士において本人自らの選曲による音楽性の高い1時間番組「HAVE A GOOD-TIME」のパーソナリティーを2年以上勤める。これまで計4枚のシングルと2枚のアルバムを発表。

「動機・経緯」
シティポップ全盛と言われた29年前にデビューし、2枚のアルバムと4枚のシングルをリリースしました。今回はデビュー30周年という節目に自身の3枚目のアルバムの制作を行おうと思いこのプロジェクトを立ち上げました。

前述のアルバムリリース後に一時音楽から離れる時期がありました。
そこには「幻に消えたサードアルバム」という存在があります。
1991年にシックのナイルロジャースをプロデューサーに迎えL.A.で現地のミュージシャンを集結してレコーディングするという自身のキャリアの中でも最大規模の作品作りでした。
しかしながら、制作の直前に当時所属していた所属事務所社長の不祥事とバブル崩壊の影響もあり、事務所が多額の負債を抱えたことでアルバム制作に待ったがかかり、その後そのままサードアルバムはお蔵入りとなってしまいました。
悔いる思いの中、一度気持ちが切れてしまったその後も機を掴めずにこんなにも長い月日が流れてしまいました。
そして、サードアルバムの為に用意した楽曲をステージで歌うたびに、形として世に発信できない部分が心の奥底で悔しい気持ちを噛みしめてきたのも事実でした。

あれから時代も変わり、SNSを多用するこの時代にデビュー30周年という節目・・・この機会を逃すと次はもういつになるかわからない。そう思いました。
ただ心の奥底にどうしても当時の最高の環境やミュージシャンの『音』が大切と痛感、しかし個人の資金力ではレコーディング費用以外のミュージシャンへのギャランティーやアレンジ依頼、レコーディングスタジオの費用、CDパッケージングの費用・・・etc全て賄いきるのは到底不可能でした。
またチャンスを逃すのか・・・と一度挫折しかけました。しかしそこで出会った投資家とのマッチングサイトの存在でした。
自分でカバー仕切れない部分を皆様にご協力頂いて形にして行く・・・音楽もそうです。私はソングライターですが一緒に演奏してくれるミュージシャンがいないと音作りやライブは成立しません。
私一人では掴みきれない夢を投資家のご支援のもと実現できれば思っております。

現在すでに29年振りのニューシングルリリースのためにレコーディングをスタートしております。あのとき収めるはずだった楽曲や溜まりに溜まった未発表曲をこの節目の集大成として、本来ならフルアルバムが理想です。ご支援いただける額によってミニアルバムとなってもかまいませんが、選りすぐりの中からチョイス収録したいと思っています。
※この段階では名前は非公開とさせていただいております。

事業プラン

現在フリーの状態で、所属事務所はありません。一人で活動するには限界があります。こちらの希望は音楽ビジネスや芸能に興味ある方と運営マネジメントからプロモーションまで一緒に動いていただける方。いずれ会社設立を目指せるパートナーがいればと考えております。
5月中に新曲リリースし、ダウンロード販売またはCD店頭販売を予定。
新曲リリースに合わせたプロモーション活動にオンエアーを狙った全国ラジオ放送局へ音源CD配布。(楽曲のクオリティや夏向けのサウンド、この夏に向けて話題性から取り上げてくれる可能性は高いと思います。)

投資費用の内訳

■エンジニア人件費含むレコーディングスタジオ使用料(30~120万/曲数により変動)
■ミュージシャンへのギャラ(40~80万/曲数により変動)
■CDプレス、パッケージ一式(15~50万/300枚~1000枚)
■ジャケット、ライナーノーツデザイン、撮影費、衣装代(10~15万)
■依頼があれば地方プロモーションキャンペーン(ラジオ出演など)の移動交通費
■その他(雑費、諸経費/5~10万

収益予想

例)12曲入りフルアルバムCD 3000円×1000枚(300万)
  1曲10000回ダウンロード(200万)
  フルアルバム1万枚セールスによる印税(1000万以上)
  定期ライブ、コンサート売り上げ(5万~)

投資家への還元方法

CDセールスの分配
楽曲の版権の分配
作詞、作曲、歌唱、放送印税の分配
ライブ・コンサート収益の分配

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:aquaさん

性別:男性

年代:55才

本人確認:健康保険証

事業形態:個人事業主

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る