ホーム > 事業計画一覧 > Vtuberがする障害者の職業支援とDX化

Vtuberがする障害者の職業支援とDX化

社会貢献
掲載日:2021-05-03

通報する

希望投資金額 投資・出資 希望

600万円

自己PR

はじめまして、ジュンと申します。
私には統合失調症という精神の障害があり、幻覚や意識の混濁が起こることがあります。
その病状が収まるまで一般で働くことが難しいという現状です。
後に述べますが、障害者の就労支援の事業所で利用者として働いていました。
そのあたりに、AIに興味を持ち始めて、特技の絵と組み合わせられないかと考えていました。

事業プラン

障害者雇用の現場や福祉施設で、タブレットの中のキャラクターが仕事のサポートをするアプリを作ろうと思っています。
人口無能を搭載したキャラクターが、仕事の手順を説明したり、病気の症状が出たら職員に連絡したり、服薬管理をするなどを目標としています。
イメージは下記の動画の通りです。

https://youtu.be/7bFCKspU-NY

SNSのように障害者のアカウント、職員のアカウントに分けて、職員が多数の障害者の状況を把握しやすいようにします。データのログを残すことで職場のDX化も図ることができます。
私自身、障害者就労支援で働いていたことがありますので、障害者目線での使いやすさのあるものが作れると思います。
ここに書ききれないこともたくさんありますので、word数十ページを希望の方はお送りさせていただきます。

投資費用の内訳

100万円 端末代
40万円 レンタルサーバー(6か月分)
45万円 自動音声コエステーション(6か月分)
30万円 軽自動車購入費
8万円 ガソリン代(6か月分)
62万円 スタジオ兼自宅(初期費用込み)
150万円 アプリ開発費

25万円 法人化に関わる費用

収益予想

SNSのアカウント一つに対して月額4,000円を想定している。

全国で37万5000人いる、就労移行支援や就労継続支援事業所A型・B型の30%である112,500人に使用してもらうことが一つのゴールである。

まず現在私がいる鳥取県、の約129施設の中、20施設との契約を目標とするが、スタートアップには5施設を導入する。
クラウドファンディングで宣伝をする予定です。

導入施設のユーザー数に応じて価格を変動しようと考えているのですが、
試験運用でどのくらいの料金が妥当か判断します。

ここではかかった費用の回収のために仮に1アカウント4000円と考えています。


一月当たりの収益

スタートから4ヶ月以内の毎月の収益


計算においては、精神、知的障害者の比較的重篤ではない約72%のうち、食品加工作業所などを除く室内仕事をしている約35%を対象としているが、実績のない製品なので5事業所あたり1社契約が妥当だと考える。0.72×0.35×0.2=0.0504 

5%が障害者支援アプリの現実的な導入率と思われる。

鳥取県の障害者就労継続支援129施設で働いている障害者約2459人
2459人(障碍者数)×5%(適応できる対象者数)≒122 人
122人×4,000円(アプリの月額料金)=488,000円
島根県の障害者就労継続支援123施設で働いている障害者約2299人のうち114人

114人×4,000円=456,000円


ここから山口、広島、岡山、兵庫に同様の方法で広めていく


毎月 鳥取島根 474,000円

山口県で就労継続支援で働く障害者 3615人のうち180人
180×4000円=720,000円

岡山は2899人の内144人
144×4000円=576,000円

広島は3309人の内165人
165×4000円=660,000円

兵庫は5913人の内295人
295人×4000円=1,180,000円

東京は22,489人の内1,124人
400人×4000円=1,600,000円
400人×4000円=1,600,000円
324人×4000円=1,296,000円

神奈川は5621人のうち712人
400人×4000円=1,600,000円
312人×4000円=1,248,000円



販路を拡大し全国的な導入を目指していきます

投資家への還元方法

株式の配当などご相談させてください。

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:coralreef2996さん

メッセージ: 1名の打診を受けてます。

性別:男性

年代:30才

本人確認:運転免許証

事業形態:創業前

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る