ホーム > 事業計画一覧 > 日本の自社化粧品を中国へ輸入したい

日本の自社化粧品を中国へ輸入したい

コスメ・ビューティー
掲載日:2019-09-16

希望投資金額

500万円

自己PR

商品自体は製造してありますので、とてもハイクオリティな商品ですので中国人投資家と組んで、中国へ輸出したいです!

事業プラン

再生因子とは、化粧品で注目を集めているEGFやFGFなどの成長因子を多数含む、たんぱく質の集合体。
身体の中の自分細胞を元気付けて、細胞のエイジングケアを促す優れた原料です。
その効果は…。
気になる部分に塗り続けると、クマ・シワ・シミ・たるみ・ニキビ跡・乾燥等に嬉しい体感、最先端医療から生まれた再生因子を使ったケアコスメによって、
女性の美に細胞からアプローチします。

当社では、再生因子を利用した、次世代のエイジングケア化粧品を作っております。
幹細胞から分泌されるサイトカインという数百種類のタンパク質の総称を言います。
幹細胞は体内に元々存在し、壊れた細胞を修復する役割があります。
再生因子のなかのひとつの成分としてEGFやFGFに代表される成長因子があります。
細胞の修復には単一の成長因子だけでは不可能であり、再生因子としてミクスチャーで使うことではじめて、その働きに作用することが最新の研究でわかってきています。
当社商品の主原料である再生因子は、ブタ由来幹細胞を培養後遠心分離によりとりだした大変貴重な上澄み液からつくられます。

また、成長因子に代表されるEGFのほとんどは液体培養なのに対し、再生因子は接地培養しています。
再生因子は、ブタ由来幹細胞を国内の医薬レベルのクリーンルームで培養し、ウイルスフリーテストをはじめ医療と同レベルの数多くの検査を行い、安全性テストをクリアしているので安心してお使いいただけます。
最先端の研究所からうまれたものだからこそ今までの化粧品ではできなかった壁を越えました。


再生因子は、クオリティコントロールされた原料を用い、化粧品製造レベルをはるかに超えた、厳しい管理基準を持ったクリーンルーム内で凍結乾燥機を用いての製造を行っています。
通常熱処理するのが一般的な化粧品の滅菌処理ですが、再生因子はタンパク質のため、凍結乾燥することで高品質を担保しています。

医学界ではEGF成長因子(グロスファクター)の発見が有名です。
1986年にアメリカのドクターコーエンはEGF(成長因子)の発見でノーベル賞を受賞しました。

対して、再生因子という概念は幹細胞が作り出す成長因子全体を表します。
コーエン博士の発見したEGFも再生因子の500種類のメンバーのひとつです。
再生因子は人体の再生に関してオールグロスファクターで細胞の再生から組織の修復へと多様化した再生を行うことがわかってきました。
単一の成長因子では不可能と思われていた再生医療が再生因子によって可能になりつつあるのです。



投資費用の内訳

正直、投資費用は中国人起業家を探して、商品を定期的に購入していただく、個人様又は会社を一緒に探して頂く事です

収益予想

年商1000万円

投資家への還元方法

お話し合いにより決めたいです!

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:michiko1970さん

性別:女性

年代:49才

本人確認:

事業形態:創業前

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る