ホーム > 事業計画一覧 > 映像コンテンツ制作やタレントマネージメント、動画配信サービスを中心とした総合エンターテインメント会社の起業

映像コンテンツ制作やタレントマネージメント、動画配信サービスを中心とした総合エンターテインメント会社の起業

映画・映像
掲載日:2020-03-14

希望投資金額 投資・出資 希望

1,000万円

自己PR

<学歴>
1996年3月 日本大学芸術学部放送学科卒業    

<職歴>
1996年4月 番組制作会社A社入社
       『チューボーですよ!』(TBS)、
       『タモリのスーパーボキャブラ天国』(フジテレビ)担当
1996年8月 番組制作会社B社入社
       『特命リサーチ200X』(日本テレビ)、
       『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ)担当
2005年9月 番組制作会社C社入社
       『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ)担当
2014年4月 タレントマネージメント会社入社
       『よしログ』(GYAO!)担当
2014年12月 番組制作会社D社入社
       『そうだ旅に行こう。』(テレビ東京)、
       『あのニュースで得する人損する人』(日本テレビ)担当
2016年11月 番組制作会社E社入社
       『ビートたけしの超常現象㊙︎Xファイル』(テレビ朝日)、
       『超問クイズ!真実か?ウソか?』(日本テレビ)担当
2020年11月 起業準備中

 学生時代から放送について学び、大学卒業後、様々な番組制作会社やタレントマネージメント会社でディレクターとして映像コンテンツを制作してきました。20年以上にわたる同業種での経験をもとに、日本国内のみならず世界で通用するような映像コンテンツの制作や、タレントの発掘・育成を行う会社を起業したいと考えています。
 また、コンテンツのみならず、Netflixやamazon prime videoなどと並ぶような動画配信サービスを行うプラットフォームを構築したいと考えています。そして、映画や音楽、動画配信サービスなど、エンターテインメントビジネスの世界市場を独占状態のアメリカの牙城に風穴を開けるような世界標準の総合エンターテインメント企業を目指しています。

事業プラン

<事業概要>                           
◯バラエティー番組やドラマ、映画などの映像コンテンツ制作      
◯俳優、タレント、アーティストなどのタレントマネージメント    
◯インターネットの動画配信サービス

<5年計画>
1年目:バラエティー番組の制作/所属タレントの発掘・育成
2年目:ドラマ制作に進出                         
3年目:映画制作に進出                         
4年目:所属する俳優・アーティストの海外進出
5年目:東証マザーズ上場/動画配信サービスに進出

投資費用の内訳

設備資金/会社設立費用(定款、登記、代行報酬など)       25万円
     賃貸オフィス敷金(1か月30万円)   30万円×12か月=360万円
          
運転資金/備品リース代(デスク、パソコンなど)   5万円×3か月= 15万円
     人件費(創業当初4人分)        160万円×3か月=480万円
     オフィス賃貸料             30万円×3か月= 90万円
     光熱費・通信費・交通費等        10万円×3か月= 30万円
                           合計    1000万円

収益予想

<1年目>従業員数10人/売上高1億円/利益1000万円           
<2年目>従業員数20人/売上高2億円/利益2000万円           
<3年目>従業員数30人/売上高3億円/利益3000万円           
<4年目>従業員数40人/売上高4億円/利益4000万円           
<5年目>従業員数50人/売上高5億円/利益5000万円

投資家への還元方法

投資金額により柔軟に対応させていただきます。

起業家へメッセージの送信

起業家

起業家:fivestarさん

メッセージ: 11名の打診を受けてます。

性別:男性

年代:48才

本人確認:運転免許証

事業形態:創業前

同一起業家のその他の事業計画

上に戻る